乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  身体全体にみられる乾燥肌

身体全体にみられる乾燥肌

 一般的に乾燥肌というと、顔だけのことを思い浮かべますが、身体全体の乾燥こそケアが大切になります。 顔へのスキンケアは多くの人があたりまえのように行うのに、全く身体のケアは行っていないため腕や足、かかと、背中などの肌が乾燥してしまっていることがあるようです。  乾燥肌の原因となるのは、主に角質細胞や皮脂による保湿成分の減少、不規則な生活習慣や睡眠不足、加齢などがあげられています。 そのため、身体全体の表面を覆っている肌の乾燥のケア対策として、ストレスをあまり溜め込まず規則正しい生活を送るように心掛け、睡眠を充分にとることが大切です。 特に、若い年代の方は夜更かしをする傾向が多いので、早めに就寝するように心掛けましょう。  また、空気が乾燥しやすい秋から冬の季節には、部屋の湿度を加湿器などで調節することが重要です。 さらに、入浴時にはシャワーだけでなく湯船に全身を浸からせ、水分を角質層に与えることも、乾燥肌には効果的でしょう。 また、お風呂からあがったあとに身体を拭くタオルなども、できれば自然素材のものを使うようにしましょう。  ところで、身体の内面の臓器である肺と肌の乾燥が、とても深い関係を持っていることをご存知でしょうか。 中国医学では、身体の老廃物を夏に汗をかくことで放出してしまいますが、冷房によって体調を調整するため汗をかかなくなることから肺が弱まってしまい、秋になると乾いた咳をしている人が増えてきたと言います。 また、肌表面を流れていた陽気が肺が弱ることで体内の奥を流れるようになり、汗腺の開閉が滞ることから汗や皮脂の分泌量が減少してしまって乾燥肌を引き起こすとも言います。 いずれにしても、身体の機能と肌の乾燥には深く関連があるようです。 角質層の水分量が年齢により減少するのは仕方がないと言えますが、それ以外にできるケアはしっかり行うようにして、乾燥肌を防ぐことで身体の機能をコントロールしていきましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.