乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌とアレルギーの関係

乾燥肌とアレルギーの関係

 ほとんどの方が「乾燥肌=アレルギー」と考えているようですが、必ずしもそうではないようです。 乾燥肌の状態でもアレルギーに掛かっていない方は大勢いることから、乾燥肌になってしまう要因は複雑です。 アレルギーとは、体内に何らかの形で潜むアレルゲンが侵入することで、引き起こしてしまう反応のことをさします。 また、アレルゲンの原因には、代表的なものとして主に卵、蕎麦、猫、花粉などがあげられており、その症状も様々あります。 年々、大人だけでなく子供にもこれらのタイプのアレルギーが多くみられるようになりました。  しかし、乾燥肌タイプでなければ、いくらアレルギー体質であっても、アトピーを発症したりしません。 例えばアレルギー体質の方が、自分にとってアレルゲンである食べ物を食べたり、またダニや埃などに反応を起こしたりしても、アレルギーの症状が肌ではなく鼻に現れることもあります。 これが、最近最も多くみられるようになった、アレルギー性鼻炎や花粉症です。  また、耳の粘膜に症状が現われるのであれば滲出性中耳炎を発症してしまい、喉の粘膜であれば喘息という形でアレルギー反応が現れます。 ですので、乾燥肌の状態になっているので、アレルギーに掛かっているとは限らないのです。 しかしながら、乾燥肌の方はスキンケアによって肌の保湿に気を遣い、症状が更に悪化させないように気をつける必要があります。 そして、アレルギーがアトピーの症状で肌に現れている人も、保湿第一のケアが乾燥肌と同様に必要になります。  冬など空気が特に乾燥してくる季節には、肌もますます乾燥しがちになるので、そんな状況から肌にトラブルが起こったり、アトピーが更に悪化したりしやすいため、対策を行うことが必要です。 ただし乾燥から肌を守るためには保湿第一と先ほど言いましたが、単にたっぷりと市販の保湿剤を塗れば良い訳ではありません。 乾燥肌を予防するケアには自然の成分にできるだけ近く、界面活性剤や保存料、石油成分を一切含まない、肌に負担の少ないものを選びましょう。 わからないようであれば、口コミなどで評判のものを使ってみたり、お店でも専門の店員さんなどに訊いてみてもよいでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.