乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  肌にみられる男女の違いと乾燥肌

肌にみられる男女の違いと乾燥肌

 日頃から女性だけが乾燥肌に悩んでいるというイメージがかなり強いのですが、男女どちらとも年齢とともに乾燥肌になりやすくなります。 男性ホルモンの分泌が女性は25歳、男性は50歳を過ぎた頃から減り続け、肌が乾燥しやすくなるようです。 ですから、乾燥肌で悩んでいる年代の中でも、最も多い50歳を過ぎた男性に乾燥が一番見られるので対策を怠らないようにしましょう。  日頃から女性は美しい肌を維持するために、お顔のスキンケアに気を遣っている人も多くいることでしょう。 そのため、肌に乾燥を感じてきたらその対策を早めに行う人が多くいるので、積極的に乾燥肌を防いでいるとされますが、男性はというと、女性ほど熱心にスキンケアを行ってはいないようです。 ほとんどの男性が、仕事などで忙しい、スキンケアに興味がない、めんどくさい、といった理由から行わないようです。 ですから、加齢が進んでいざ乾燥肌になってしまった時、やっと対策に悩む人が多いのでしょう。  また、タバコは乾燥肌にとって良くありません。 大量のビタミンCがタバコを吸うことで失われてしまい、肌の再生に悪影響を及ぼします。 ビタミンCはコラーゲンをアミノ酸から生成するために必要な栄養素になります。 タバコを吸う人が男性には多くみられ、その影響が年齢とともに乾燥肌となって現れている可能性もあるのでしょう。 また、女性でも年々タバコを吸う人が増えてきていますが、女性は男性よりもタバコの害を深く受けやすいと言われていますので止めたほうが良いでしょう。 加齢が進むとともに自然と乾燥肌になってしまうのは止められませんが、もし乾燥肌になってしまったら、男性も1に保湿、2にタバコを含む生活習慣を見直すことで改善を行っていくようにしましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.