乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌が引き起こすシワ

乾燥肌が引き起こすシワ

 お肌の曲がり角と言われる年齢の20歳を過ぎた頃から、多くの女性はシワやたるみ、乾燥肌が気になりだします。 加齢が進むとともに、お肌の悩みで特に気になるのがシワでしょう。  なぜシワはできるのかというと、主に原因は2つあげられます。  まず1つめのシワの原因は、皮膚の老化によるものです。 肌の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンという弾力線維が加齢とともに減少したり、乾燥肌が引き起こしてしまう水分不足によって変性したりすることで、しだいに肌の弾力がなくなりシワができてしまいます。  外的要素が原因となる2つめは、肌に最も影響を及ぼす紫外線です。 肌の紫外線対策を日頃から常に行っていないとコラーゲンが切断されるのでそのことが原因でハリを失ってしまい、エラスチンを変性させる酵素の分泌が起こってしまいシワができます。 そして、乾燥肌がこれらの原因の上に加わると、あっという間に肌には小ジワが生じます。  健康な肌にはバリア機能が角質層にあるため、乾燥肌になるのを防いでくれるのですが、加齢が進むにつれ細胞間脂質やコラーゲンが減少していくことから肌は乾燥しがちになります。 乾燥したところに肌をさらしてていると、角質層の水分が失われることで剥がれやすくなり、細胞間に隙間ができてしまいます。 水分がこの隙間から蒸発してしまい、皮膚は硬く薄くなることから小ジワが発生してしまうのです。 ですから、小ジワができやすい乾燥肌の人は、そのまま放置しておくと深いシワになってしまいます。 深いシワになってしまうと、どんなにスキンケアを施しても取り除く事は難しくなります。 ですので、シワがまだ浅いうちに、しっかりと対策をしていくことが重要です。 乾燥がシワの元となるので、小ジワのうちなら洗顔の際に皮脂を落としすぎず、充分に肌に水分を与えることと長く潤いを保てるスキンケアを行えば解消できるでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.