乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  顔しわの大きな原因となる乾燥

顔しわの大きな原因となる乾燥

 乾燥は肌の大敵となり、また顔しわの大きな原因にもなります。 乾燥した肌には、ヒビ割れが起こりやすくなります。 するとヒビの隙間から水分や保湿成分が失われてしまい、肌の弾力が衰えてしまうのです。 乾燥によって肌の弾力が失ってしまい、顔しわができてしまっても元に戻すことはなかなかできません。 乾燥した顔の肌をそのまま放置しておくと、まだ小じわなのが深いしわにまでなってしまい、元の肌の状態に戻せなくなってしまうでしょう。 そうならないためにも肌の乾燥対策には、十分に潤う水分と、水分が肌から出ていかないよう肌に油分を与える必要があります。  顔じわの対策には、日々の基礎化粧品によるスキンケアが重要になります。 しっかりと化粧水や美容液、クリームなどでお手入れを欠かさず行うようにしましょう。 特に化粧水を使うことは、顔しわを減少させる肌の潤いを保つことから、顔しわ対策に重要となる必須のスキンケアです。 肌の奥まで化粧水の成分が届くように、化粧水をコットンに含ませ、丁寧にパッティングを行うと良いでしょう。  また、エアコンなどは顔にしわができる原因になるので、加湿器を使うなどの工夫を行い、夏の冷房や冬の暖房が引き起こす乾燥を防ぐために室内の湿度管理に気をつけていきましょう。  顔しわができてしまう原因の一つに、紫外線があげられます。 肌に悪影響を及ぼす紫外線は、肌の奥に含まれている保湿成分であるヒアルロン酸やコラーゲンを破壊するので、多く浴びることによって皮膚の弾力を損なうことになります。 他にも顔しわだけでなく、肌の弾力を失うことで肌の乾燥が進んでしまい、肌の表面に見られるしみやたるみの原因にもなるといえます。 若い年代では、肌にその影響がはっきりと現れませんが、年齢が進むにつれシミやシワといった形で出てくるでしょう。 そういったことから肌を守るためには、紫外線対策を軽視しないでしっかりと行うことが重要です。 一番良い方法は、紫外線に当たらないことですが、外出などやむをえない状況の場合にはUV対策を施された帽子や日傘など紫外線を通さない素材のものを使い、また日焼け止めも効果的に使えば、顔しわの原因となる肌の乾燥を防ぐことが可能です。 また外から帰ってきた際には、保湿効果のある化粧水やローションなどを肌に塗ってケアを行うようにしましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.