乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌が引き起こすかゆみ

乾燥肌が引き起こすかゆみ

 肌が乾燥してしまいカサカサするとかゆみを何となく感じるようになり、知らず知らずの内に掻いてしまっていることがあります。 肌が乾いてしまう、つまり乾燥肌とは一番外側にある皮膚の角質層が乾いている状態のことを言います。  角質層に含まれる水分が失われることで乾いてしまうと、肌にかゆみを生じてしまい、皮膚を擦ることでそのかゆみを解消しようと働き、肌が乾燥しているという異常を伝えようとします。 つまりかゆみの症状は、肌が乾燥してしまってるという異常を知らせる危険信号の役割をはたしているのです。 肌の角質層が乾燥することで剥がれ落ちてしまうと、外部からもたらされる少しの刺激でもかゆみを生じるようになってしまいます。 人はそうなるとつい肌を掻いてしまうので、新たなかゆみをさらに引き起こしてしまい、肌を傷める原因へと繋がっていきます。 肌荒れやカブレといった原因となる乾燥肌が、肌のトラブルへと連鎖を起こしてしまうのです。 また、乾燥してしまった肌を掻き続けることによって炎症を起こしてしまうと、患部に細菌やカビが入りやすくなり、化膿を起こしてしまうこともあります。 このようにかゆみをそのまま放っておくことで、次々と乾燥肌がもたらす肌トラブルを招き、敏感肌となってしまいます。 乾燥肌が引き起こすかゆみを感じたら、むやみに患部を掻くのをやめるようにして、その原因となっている肌の乾燥を解消していくケアが必要です。 そのケア対策にも、様々な方法があります。 乾燥肌へのケア対策は、本やサイトなどで皮膚科の医師や専門のエステティシャンなどが効果のある正しいケアの仕方を公開していますので、是非参考にすると良いでしょう。 しかし、一番効果のある対策法は、何といっても皮膚科の医師の診察を受けることでしょう。 正しい診断を下してもらい、処方された治療薬を使うことで、早い乾燥肌の改善が見込めます。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.