乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌が原因でできるニキビ

乾燥肌が原因でできるニキビ

 ほとんどの人が持っているニキビのイメージと言えば、オイリー肌の人にできる脂っぽいブツブツというのが一般的でしょう。  しかし、ニキビの中には、乾燥肌が原因となってできている人もたくさんいます。 乾燥肌で常にカサカサしている状態であるのにもかかわらずニキビができてしまうというのは、大人に多くみられる現象のようです。 男性にもみられますが、特に女性に多くできやすいとされています。  ニキビの原因には、皮脂や古い角質などの老廃物が毛穴につまってしまい、皮脂の通り道がふさがれることで毛穴に潜んでいたアクネ菌などの細菌が増殖してできます。 乾燥肌とは、皮脂の分泌と水分量が減少してしまうことで、肌を再生させるサイクルが乱れている状態です。 そのため、乾燥肌になってしまうと肌の角質層が硬くなってしまうことから毛穴が開きにくくなり、そこに皮脂が詰まってしまいニキビになってしまうのです。 ですから、乾燥肌の人にできたニキビは、肌を乾燥させない正しいケアを行うことによって改善できるのです。  しかし肌を洗顔することによって清潔に保つことは重要になりますが、皮脂を取るためにあまりにも念入りに洗いすぎてしまうと、却って乾燥肌へと移行させてしまうのでやめましょう。 石けんなど肌に刺激の少ないものを用いて洗顔を行い、その後はしっかりと水分補給をすることが大切です。 汗をかきやすい夏などの季節には、洗顔後はスキンケアを化粧水のみで終わらせてしまいがちですが、お肌の保湿を夏こそ必ずしなければ水分が蒸発して乾燥状態になってしまいます。 夏には夏の肌の状態に合ったスキンケアを行うようにしましょう。  水分補給と保湿を自分の肌タイプに適切な正しいケア方法でしっかり行っていれば、乾燥が引き起こすニキビは徐々に改善されていくでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.