乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  赤ちゃんにみられる乾燥肌

赤ちゃんにみられる乾燥肌

 身近に赤ちゃんがいない人は、きっと赤ちゃんでも肌が乾燥してしまうなんて考えもしていないでしょう。 多くの人が想像している赤ちゃんの肌といえば、それはみずみずしく潤っているイメージです。 しかし、赤ちゃんこそ乾燥肌には気をつけなければならないのです。  生後1、2ヶ月の赤ちゃんは、胎内にいる時母親から与えられたホルモンの影響で皮脂の分泌が十分ですが、3ヶ月ぐらいになると段々皮脂の分泌が減っていき、乾燥肌になりやすくなります。 そうなると、大人の半分?3分の1くらいの皮膚の厚さしかない赤ちゃんのデリケートな肌は、外の刺激をダメージとして受けやすく、トラブルを起こしやすい状態になります。 そういったことから守るために、赤ちゃんが乾燥肌にならないように気をつけることは、次の2つです。  まず1つは、乾燥した冬の空気や夏のエアコンがもたらす乾燥から肌を守ることです。 具体的に言うと、室内の環境を加湿することで整え、十分にスキンケアを行うことです。 生まれた直後から、スキンケを始めることが大切です。 赤ちゃん専用の石鹸を十分に泡立てから、そっと手のひらで顔から体までをなでるように優しく丁寧に洗い上げます。 そして、水分をローションやクリームで肌の保湿として与え、潤いを逃さないようにして肌を乾燥から守りましょう。 赤ちゃんにローションなどを塗ってあげる時に、マッサージもついでに行ってあげると身体の機能を活性化させるだけでなくスキンシップの効果もあるので是非おすすめです。  最後の2つめは、赤ちゃんが身に着ける衣服に気を遣うことです。 直接赤ちゃんの肌に触れる衣服には、綿などの自然素材を使い静電気が起こりやすい繊維のものは避けて、洗ったあとも洗剤が残らないようにしましょう。 刺激を受けると赤ちゃんの肌はすぐに赤くなってしまい、かゆみをおびて乾燥肌になりやすいのです。 それほどまでにデリケートな肌なので、生活環境全てに注意を払わなくてはなりません。 また、寒いからとあまり服を多く着せすぎないことも、乾燥肌の予防に繋がります。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.