乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  子供が掛かる乾燥肌

子供が掛かる乾燥肌

 よく赤ちゃんが乾燥肌になりやすいように、小さな子供にとても多く乾燥肌はみられるようです。 皮膚の厚さが大人と比べて2分の1から3分の1くらいしかないため、外からの刺激をダメージとして受けやすいのが理由のひとつとされます。 また昔に比べて現代は、オゾン層が薄いだけでなく、紫外線がきつく注がれており、一年中どこへ行っても必ずエアコンが入っています。 そんなきつい刺激の中で生活を行っている子供の肌は、昔より当然弱くなり、乾燥しやすいのです。 そして、乾燥肌が原因となり、夏以外にもびひや水いぼができる子が増え、様々な肌トラブルを引き起こして悪化させています。  子供は肌が乾燥してかゆみを覚えても、大人のように掻くのを我慢することができないことや、自分では乾燥予防のためのお手入れができません。 子供を乾燥肌から守るために、日頃から周囲の大人がケアを行ってあげる必要があります。 また、子供に簡単なケアの方法を教えてあげるのも良いでしょう。  子供がなる乾燥肌の対策方法には、次のような点に気をつけるようにしましょう。 まず、子供が入浴する時には、お湯を少しぬるくして入れてあげるようにしましょう。 大人よりも子供の肌は薄いので、大人以上に熱いお湯は熱く感じます。 そして、石鹸やボディソープは少々使えばよく、ごしごしとあまり力を入れてこすらないようにしましょう。 乾燥肌をこれ以上悪化させないように入浴後は、綿素材が使われている肌にやさしいタオルや衣服を着用させます。 できるのであれば、化学繊維の一切使われていない自然素材100%のものを使用するようにしましょう。  また、乾燥肌には、入浴後のスキンケアを大人と同じように保湿を行うことが最も有効です。 水分をローションなどで補ったあとに、保湿クリームなどを施し水分を逃がさないようにしましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.