乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌に優しい洗顔方法

乾燥肌に優しい洗顔方法

 カサカサの乾燥肌の対策には、スキンケアに効果的な洗顔方法を行うことによって可能です。 洗顔を行う際には、重要な要点があります。 まず顔を洗う時は、皮脂の多い額から鼻にかけて手のひらで作ったあわをつけるようにすると乾燥肌対策に効果的です。 あくまでも、泡をつけるようにすることが大切で、ごしごしと力任せに擦ると反対に逆効果になってしまうので気をつけましょう。 少しでも乾燥肌を回避させるには、デリケートな部分である頬や目尻などは後回しにした方が、スキンケアのためにも良いでしょう。 また、先ほどもあげたように洗顔時には肌の汚れを少しでも落とそうとして、顔をついつい擦りがちですが絶対にやめましょう。 強く擦らずとも、十分に洗顔料を泡立てていればそれで汚れは落ちますので、皮膚の上で泡を転がすようにします。  また、乾燥肌の対策となる洗顔を行うのであれば、洗顔時に使うお湯は30℃程度のぬるめのお湯を使ってください。 たっぷりと潤っているお肌を保つためには適量の皮脂分泌が必要となりますので、熱いお湯での洗いすぎは皮脂を落とすことから厳禁です。 ぬるま湯を使って素早く30回くらい洗ってください。 すすぎの時にも同じように行うことが大切で、何故なら肌バリア機能を持つ細胞間脂質セラミドや天然保湿因子などの成分が流れてしまうからです。  それと、なるべく数多い商品の中でも、泡切れの良い洗顔料を選ぶようにしましょう。 肌にほんの少しでもすすぎ残しがあると、肌荒れを引き起こしまうことがあります。 特に、あごや生え際といった細かい部分にすすぎ残しがないよう、念入りに隅々まですすぐようにしてください。 肌の角質層の厚さはたったの0.07?0.2?で本当に薄いので、上質なコットンの摩擦でも傷が付いてしまう程繊細だといわれています。 洗顔後の顔の水分を拭き取る場合は、顔に吸収の良いタオルを押し当てるようにすると肌への負担を最小限に留めることができます。 また、タオルは、綿など自然素材のものを使うようにして、化学繊維は乾燥肌に悪影響を及ぼすことがあるため止めるようにしたいものです。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.