乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌の人に効果のある入浴方法

乾燥肌の人に効果のある入浴方法

 お風呂の入り方は乾燥肌の人にとって、とても重要になります。 何故なら、乾燥によってカサカサした肌を、入浴中や入浴後にケアを行う人が最も多いからです。 入浴したら、肌がお湯の熱によって柔らかくなるのでケアを行いやすいからでしょう。  ここでは、入浴で気をつけてほしいことを、乾燥肌の人のためにあげてみます。  まず、長時間熱いお湯に浸かることを、乾燥肌の人は控えるようにしましょう。 熱いお湯にによって、肌に必要な脂質まで抜け落としてしまうからです。  また、たくさんの石けん、シャンプー、ボディソープなどの量を使って洗うのもやめましょう。 乾燥などの刺激から肌を守ってくれる皮脂を余分に落とすことで、角質層を傷めてしまうからです。  次に、入浴後のスキンケアで乾燥肌の人にとって保湿が大切になるのは良く知られていることですが、入浴する時にも保湿効果を持っている入浴剤を使うと更に良いでしょう。 しかし、乾燥肌に効果がみられる入浴剤を使用しても、他に肌に刺激となる物質を含んでいることもあるため、却って悪化させててしまうこともあるようです。 ですので、乾燥肌の人は、できるだけ自然成分を用いた入浴剤を使用するようにして、また保湿効果のある商品を選ぶのがポイントでしょう。 特に「木酢液」や「竹酢液」は、乾燥肌にもやさしくまた肌を清潔に保ってくれるので、そういった症状でお悩みのの人にはお勧めです。  そして、身体全体の洗い方についてですが、髪→体の順で乾燥肌の人は洗うようにして、肌の傷んだ部分にシャンプーや石けんで刺激を与えないように気をつけます。 しかし、ひじの内側やひざの裏側、首、脇、お尻などといった汚れが溜まりがちな部分は汚れをしっかりと落とし、清潔に保っておくことが乾燥肌のケアにも繋がります。  最後に、身体を拭くときにボディタオルを使うなら、乾燥肌の人はなるべく綿などの天然素材のもので拭くようにして、肌を傷つけないように優しく洗いましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.