乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌を見せないメイク法

乾燥肌を見せないメイク法

 メイクは乾燥肌の人にとってよくないのは周知のことですが、どうしても女性にはメイクを施さなければならない場面が多くあります。 乾燥が余計に悪化してしまい肌が粉吹き状態になっていると、化粧のノリが悪いので困ってしまいます。  ここではこのやっかいな粉吹き状態を防いで、化粧のノリが乾燥肌でもよくなるコツを紹介しましょう。 乾燥肌予備の人は、この方法を覚えておくと後々良いです。 ポイントはたったの1つで、下地でしっかりと保湿を行うということです。 乾燥肌でない人の基本的なメイク方法は、洗顔→化粧水→乳液→下地→ファンデーションの流れで行うことが多いでしょう。 だいたいとして乾燥肌の人も同じようですが、下地クリームを塗る前に肌に水分を与え、しっかりと保湿を行うことが必要となります。  乾燥肌の人は、洗顔後に行うスキンケアには一通り気を遣っているでしょうが、その後のファンデーションを塗る前に用いる下地クリームには保湿効果の高いものを選びましょう。 クリームタイプやリキッドタイプの下地を使用することで乾燥した肌をしっかりと潤し、肌を紫外線から守るようにします。  ファンデーションにも、保湿維持の高い乾燥肌に効果のある商品がたくさん出ていますので、それらを利用するようにしましょう。 しかし、乾燥肌にとってメイクは基本的によくありません。 自然の成分にできるだけ近い化粧品を用いて、乾燥肌をさらに悪化させる恐れのある石油系は避けます。 化粧品にどんな成分が入っているのかわからない場合は、化粧品専門の店員に尋ねて選ぶようにしましょう。 また、肌が特に乾燥しやすくなる冬の季節は、メイク後も保湿を維持させるためにメイクした肌の上からスプレータイプの化粧水で潤いを与える事が大切です。 肌の乾燥が気になるようであれば、素早く肌にスプレーできるように持ち歩くと良いでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.