乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  老人にみられる乾燥肌

老人にみられる乾燥肌

 年齢を重ねるごとに、誰でも乾燥肌になりやすくなります。 というのも40歳を過ぎた頃からホルモンの関係で皮脂の分泌が減少していき、60代になる頃には老人性の乾燥肌を起こしやすくなります。 角質層の水分が皮脂の分泌の減少によって蒸発しやすくなり、肌が乾燥してきます。 肌が乾燥してしまうと今度はかゆみを感じるようになり、そこで掻いてしまうと角質層や皮脂が剥がれ落ちることから、更に乾燥肌を悪化させてしまうという悪循環になります。  老人性の乾燥肌には、「老人性乾皮症」と「老人性皮膚掻痒症」の二種類があげられます。 一つ目の「老人性乾皮症」とは、年齢とともに秋から冬にかけて空気が乾燥する季節に、肌の保湿の働きのある角質層の水分、皮脂、セラミド、尿素といった天然の保湿因子が失われ、カサカサした肌の状態になることで、かゆみを伴います。 冬にエアコンを入れることで湿度が下がってしまうと、一層乾燥肌の症状が進んでしまうので気を付けましょう。 エアコンがかかっている部屋に長時間居る場合は、加湿器を置くなどの対策を行うことが良いでしょう。  二つ目の「老人性皮膚掻痒症」は、皮膚の分泌が加齢によって減ることから、発汗が少なくなっていきます。 そのため、空気が乾燥すると肌の保湿機能が低下してしまい、肌がカサカサになることから強いかゆみを伴います。 特にかゆみを覚える範囲は、背中や脇腹、下肢の外側で、就寝している時にかゆみに襲われるため不眠症になる人も多いようです。 そこまでかゆみが進んでしまうと、日常生活にも支障がでることから、早めに皮膚科で診察を受けたほうがよいでしょう。  これらの老人性の乾燥肌は、加齢によって起こる症状ですからすぐに治るわけではなく、肌の保湿力低下のスピードを対策によって遅らせる努力が必要でしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.