乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌の効果のある薬

乾燥肌の効果のある薬

 夏には潤っていたお肌が、空気が乾燥してくる秋になると皮膚がカサカサとなってしまい、ひび割れや赤切れといった症状を起こし、かゆみや痛みが更にひどくなってしまう人がたくさんいます。  皮膚科を受診した際にこのような乾燥肌の人が、よく処方される治療薬には次のようなものがあります。 保湿を行うことが乾燥肌の人ににとって一番大切になりますから、「白色ワセリン」「尿素軟膏」「MPS軟膏」などといった肌を保湿してくれる塗り薬はよく使われます。 肌を入浴後も清潔に保ち、水分で角質層が潤っている間に、これらの塗り薬を患部に塗ると効果的です。  また、湿疹などを発症して、赤く炎症を起こしている場合には、乾燥肌でも「ステロイド外用薬」が処方されます。 ステロイドは、症状を短期間で鎮める働きがあるので、乾燥肌タイプのアトピー肌にも有効な治療薬です。 デリケートな顔や首筋などといった範囲にみられる乾燥には、肌の炎症を非ステロイド系の塗り薬で抑えます。 また、強いかゆみを伴う場合には、乾燥肌治療に「抗ヒスタミン剤」が用いられます。 一方、市販薬にも乾燥肌に効く塗り薬が多く売られており、効果のある成分として尿素、リドカイン、ジフェンヒドラミン、グリチルリチン酸、アルゲコロイド、パンテノール、ビタミンEなど、保湿とかゆみの対策に最も効く成分が多く含まれています。 しかし、市販薬の多くが一時的な効果をもたらすものなので、完治を望むのであれば皮膚科など専門の医療機関で受診をすることをおすすめします。 また、薬だけに頼るのではなく、生活習慣などを見直し規則正しい生活を送るように心掛けることが、正常な皮膚を保つ秘訣となるでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.