乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  ストレスが深くかかわる乾燥肌

ストレスが深くかかわる乾燥肌

 仕事の疲れや精神的ストレスは、乾燥肌の人にとってよくありません。 ストレスをあまり感じさせない生活を送れるよう、乾燥肌対策として環境を見直していかなければならないでしょう。  肌の表面を覆っている皮膚は常に皮膚呼吸を行っており、古くなった皮膚を落として新しい皮膚へと生まれ変わる際、一緒に老廃物も排出しています。 ストレスが溜まってしまうことによってストレスホルモンが増えてしまい、角質層の再生機能の周期がホルモンによって乱れることで、まだ熟していない細胞が表皮になってしまうのです。 すると乾燥から肌を守るバリア機能も不完全なものとなるので、毒素が体内に溜まり肌にトラブルを起こす原因となってしまいます。  また、精神的なストレスが原因となって睡眠不足を起こしてしまうと、さらに乾燥肌を悪化させてしまいます。 このことから、睡眠も肌の状態に深いかかわりがあると言えるでしょう。  成長ホルモンが肌の再生に深く関係がありますが、日中にはこのホルモンは分泌されず、だいたい夜10時から深夜2時ごろにリラックスした状態で分泌されます。 ですから、乾燥肌になるのを防ぐためにも、夜はなるべく早めに床につくように心がけ睡眠を充分にとる必要があります。  さらに他のストレスの原因として、外的ストレスもあげられます。 外的ストレスには肌に直接影響を及ぼす、紫外線、汚染された空気、タバコなどがあり、乾燥肌の人はできるだけ肌がこれらの影響を受けないように対策を行うことが必要です。 言うのであれば、乾燥肌の人はタバコを吸うのは止めた方が良いでしょう。 タバコのニコチンは、肌をつくるビタミンCを壊してしまう作用があるからです。 現代の日本はストレス社会とも言われるようになり、日常生活をストレスを感じることなく送るのはかなり難しいのかもしれませんが、このことを解決しないかぎり根本的な乾燥肌解消とはならないでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.