乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  足にみられる乾燥肌

足にみられる乾燥肌

 冬の季節になると、カサカサとお肌が乾燥してしまいがちですが、体の非常に乾燥しやすい部分に足があります。 特に女性の多くは、足のかかとが乾燥することでひび割れてしまい、ストッキングを履くと伝線してしまったという体験をした人もたくさんいるのではないでしょうか。 どの部分よりも皮脂腺が少ない足の裏はとても乾燥しやすい場所なので、肌のケアはとても大切になるでしょう。  したがって足の乾燥肌のケアの方法は、次のように行います。 まず、じっくりとぬるめのお湯に、全身を浸からせて毛穴を開かせましょう。 入浴した後は、顔のスキンケアと一緒に足の保湿も行い乾燥肌の対策に気をくばります。 足の乾燥を防ぐためにクリームを使うことが保湿には効果的になりますが、クリームを使用する前に顔と同じように水分をローション等で補いましょう。 それから水分が逃げないように、クリームで肌にバリアを張ります。 かかとにひどい乾燥がみられる時には、さらにラップで肌を包みこんで靴下を履いてから眠ると良いでしょう。 しかし、靴下を履いて眠ると血液の巡りが悪くなるので、冷え性の人などには逆効果となります。 どうしても靴下を履きたい場合は、足首をゴムなどで締めることのないゆったりとしたものを履くようにしましょう。  重要なのは水分を十分に足に与えることで、その水分が逃げないように対処を行うようにします。 潤いを与えることが乾燥肌にとっては一番のケアになります。  しかし、もし足のカサカサが水虫を発症したものによるのであれば、決して乾燥肌を防ぐ作用のある尿素入りのクリームやオイル類などは使用せず、皮膚科へ行って診てもらうのが賢明です。 足のケアを冬の間にしっかり続けていると、乾燥肌からくるカサつきを防いでくれるだけでなく、夏に見せる素足に自信が持てるようになります。 ですので次の夏に向けて、足の乾燥肌によるケアを怠らないように続けていく努力をしましょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.