乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  コラーゲン不足が引き起こす乾燥肌

コラーゲン不足が引き起こす乾燥肌

 最近よく食べ物や化粧品のラベルに多い「コラーゲン○?配合」という文字が載っているのを目にしますが、このコラーゲンと乾燥肌には深い関わりがあるのです。 タンパク質の一種であるコラーゲンとは、、体中の皮膚、筋肉、骨、髪、爪などに含まれている成分で、乾燥肌を改善させる対策としても重要な役割を持っています。 肌の保湿が乾燥肌の対策に重要なのは言うまでもありませんが、その上にお肌の再生機能をより高めさせる必要もあります。  およそ28日周期で肌は生まれ変わり、皮膚は真皮内の線維芽細胞で作られています。 真皮内の線維はほとんどがコラーゲン線維で占められており、あとの残りはエラスチン線維などから作られています。  コラーゲンはこの細胞間を埋めており、また保水機能や新陳代謝の促進、老廃物の除去といった作用も併せ持つことから乾燥肌の改善に大きく役立つでしょう。 そういったことから、コラーゲンを不足させることは、乾燥肌を引き起こしてしまう原因になるとも言えるでしょう。 肌の状態を司っているのは、全てコラーゲンだと言っても過言ではないようです。  そこでコラーゲンを多く含んだ食物を摂取することで乾燥肌になるのを防ごうと考える方も多いでしょうが、それは誤った方法です。 コラーゲンは、アミノ酸によってタンパク質が分解されて体内に吸収した後に作られる成分なので、摂取したコラーゲンがそのまま肌のコラーゲンにはなりません。 タンパク質を摂取することと、コラーゲンの合成に欠かすことができないビタミンCを摂ることでコラーゲンは作られるのです。  また、コラーゲンが配合されている化粧品も同様に保湿効果はあるかもしれませんが、化粧品の成分が吸収されてそのまま皮膚のコラーゲンとなることは決してありません。 コラーゲンを作ってくれる成分を多く含む食材を、上手く料理して摂り入れることが乾燥肌の防止に役立つと言えるでしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.