乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  乾燥肌を引き起こす原因とは

乾燥肌を引き起こす原因とは

 様々な意見が乾燥肌の原因についてあげられていますが、次の4つの原因に概ね集約されます。  まず1番に多くみられるのは、気温の低下です。 乾燥肌になる人が秋から冬にかけて多くなるのは気温の低下が原因で、皮膚の表面の血管が体温を保持するために収縮することで血流が悪くなり、新陳代謝が低下してしまいます。 すると皮脂の分泌が減少してしまい、肌の表面を覆うバリアがなくなることで水分が蒸発してしまうことから乾燥肌となってしまうのです。  2つめに、肌の洗いすぎがあげられます。 乾燥肌の元となるのが肌の擦り過ぎで、実に70%がよけいにごしごしと洗顔や体を洗いすぎたことが原因だと言われています。 特に女性などは、身体の汚れを気にするため念入りに洗うことが多いでしょうが、石鹸を泡立てて優しくなぞるようにするだけでほとんどの汚れは落ちるのです。  寒い冬には熱いお風呂に浸かり温まりたいものですが、長時間熱いお湯に浸っていると皮脂が抜けてしまい、皮膚に含まれる水分が出ていきます。 また、ごしごしと科学繊維であるナイロンのタオルで洗っていると、皮膚の表面にある角質層を剥がしてしまうことから肌のバリア機能を失い、結果、乾燥肌となります。 肌のためにもできれば、綿などといった自然素材のものを使うようにしましょう。  3つめは、男性ホルモンが年齢とともに減少していくことが原因とされています。 男性ホルモンのレベルが女性は25歳ごろ、男性は50歳ごろを過ぎると低下していくので皮脂の分泌が減ってしまい、乾燥肌を引き起こします。  最後の4つめには、睡眠不足やバランスの悪い食生活などといった、不規則な日常生活の習慣が原因としてあげられます。 睡眠不足や肉や脂物、ジャンクフードを中心とした食生活によって皮膚に充分な栄養が行き渡らず、そのことが原因となり乾燥肌や肌荒れやを起こしてしまいます。 また、皮膚の新陳代謝は睡眠時間と深い関係があると医学的にも証明されていることから、規則正しい生活を送ることが乾燥肌を防ぐためにも必要でしょう。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.