乾燥肌対策法


乾燥肌対策法トップ >  夏の季節に対応する乾燥肌

夏の季節に対応する乾燥肌

 夏の季節のお肌は常に汗でべたつくことから乾燥肌とは無縁のような気がしますが、実は夏に乾燥肌になってしまう隠れ乾燥肌の人が大勢いるのです。 湿気の多いじめじめとした夏は、皮脂の分泌が活発になり、一見肌は潤っているように思われます。 しかし、肌の水分と保湿成分が汗と一緒に失われてしまい、肌の状態が乾燥気味になっていることが多いのです。  猛暑日が多い近年の夏は、どこへ行っても室内はエアコンが必ず使われています。 また外へ出ると蒸し暑いので汗を大量にかいてしまい、そのまま冷房のよくきいた室内に入るとスーッと汗が引いて乾いていきますが、肌に必要な潤い成分もこのときに一緒に奪われてしまい、乾燥肌へと近づいていきます。 ですので冷房は、外とあまり差のない温度に設定することを肌のためにもおすすめします。  また、夏の季節は紫外線がよりきつくなり、肌が日焼けすることによって乾燥してきます。 外に出る際には、しっかりと紫外線予防を行っていきましょう。 今ではスキンケアだけでなく、紫外線を通さない傘や帽子といったものが多く売られています。  夏の肌は、はたから見ると汗で潤っているように思われがちですが、先ほどあげた環境下で乾燥している場合が多く、それに加えて雑菌が繁殖しやすい状況のため、肌のトラブルも普段より起こりやすとされています。 しかし夏に紫外線の対策や美白だけにとらわれ、肌に保湿を行うことを忘れていると、どんどん隠れ乾燥肌が悪化してしまい冬にはシワやたるみとなって現れてきます。 夏の重要な対策として、乾燥を防いでくれる保湿ケアはポイントとなるでしょう。 しかし、熱い夏の季節に美容液やクリームをたっぷりと塗りたくって保湿をはかるのは、肌が汗と一緒にべたついていやなものです。 顔全体にくまなく塗るよりも、額や眉間、目尻、鼻の根元、目元、ほおなどといった特に乾燥しやすい部分だけに的を絞って肌の保湿を行うと良いでしょう。 肌に直接影響を及ぼす夏に、しっかりとした乾燥肌の対策を行うことが、シワやたるみの予防へと繋がっていくのです。
保湿:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】
↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2014 乾燥肌対策法 All Rights Reserved.